私は、ハード系のショップで働いています。
本業は、システムエンジニアでフリーランスで仕事をしているのですが、
最近、仕事が取りにくい状態で、副業で働いています。
私の担当は、システムエンジニアという事で、パソコンに担当をしています。
最近、WindowsVistaのサポートが終わり、Vistaのパソコンの売りが多くなったのですが、
WWindows7のパソコンも増えてきました。
WindowsVistaについては、ハードディスクを完全抹消してジャンク品で出しています。
もし、WindowsVistaのOSをそのまま、リカバリした場合は、コメントにサポートが
終了したので、ネットにつなげないようにとコメントを書きます。
WubdowsVista自体、失敗したOSなので、正直、完全消去した方が、売れます。
Windows7も2020年で、サポートが終了しるので、そこそこ売りに来てくれる
お客さんが増えてきました。
私は、動Windows7の動作チェックをし、リカバリする時にWiondows10にアップ
グレードしています。
windows10は、Windows7以上のOSであれば、無償でアップグレードできる
という事と、Windows7が動くパソコンに関したは動作保証しているので、
Window10にしています。
OSの完成度はかなり高いので、アップグレードした方がややはり売れます。
無償のアップグレードのサービスは終わっていますが、私のショップでは、
アップグレード様にインストーラーがあるので、いつでもできます。
最近はLinuxというOSが無料でどんどんLinuxユーザーが増えているという
事で、マイクロソフトも考えたんだと思います。
マイクロソフトにとって、ユーザーばなれが怖いのだと思います。